さぽろぐ

  ビジネス  |  札幌市東区

新規登録ログインヘルプ


2015年03月04日

イタリア紀行② ~神の宿る地ローマと八百万の国 日本~

『ローマは一日にして成らず』という言葉は良く聞いていましたがその中身はというとはっきり理解していませんでした。
実際には主に紀元前の話であり、当時海にも面していなかったローマがなぜあの巨大な帝国を築くまでに至ったかという道程のことなんですね。
周辺の民族であるエルトリア人やギリシア人、サビーニ族やケルト族との争いだけでなく王政から共和政へと移行したのちも貴族と平民の間で長きにわたり確執が続きました。
その長い道程の中で ’ローマが神々が宿る地である’ ことを外にも内にも示すことには大きな意味がありました。

ここで今回考えたい ’神の宿る地ローマと八百万の国 日本’。
ユダヤやキリストといった一神教と違い多神教のローマには街を歩いていてもあらゆるところに神々を見かけました。







日本も多くの神が宿る八百万の国です。
神の言うことは絶対という一神教と違い、多神教にとって神は人間を正すものでも完全無欠なものでもなく、いわば’守り神’です。
そういう意味では神社に神を祀り、手を合わす日本人とローマ人は似てるのではないかと感じました。
下は去年の伊勢神宮の様子。








ところがこれらの神社は大きな問題を抱えています。
今、京都の世界遺産である下鴨神社の境内にマンションを建設するという事でニュースが大きく取り上げています。
ただこの問題はずっと昔からあることでした。
自分の祖父は莵足神社という神社の神主でした。今は父の長兄が継いでいますが、その関係でよく話を聞きました。
寺のように檀家が支えてくれるような形態でない神社はそこを維持するだけの収入源の確保が難しいんです。
国からの補助やお賽銭だけではとても間に合いません。

子供のころからずっと不思議でした。
ローマの神殿も日本の神社も長き歴史を語るその国のかけがえのない財産です。
世界中からも認められるこの日本の美しい文化をなぜ国がしっかりと守らないのか と。

世界遺産にマンションを建てるといえばほとんどの人が反対というでしょう。
でもそうせざるを得ない事情があるのも事実。
舛添さんが東京オリンピックに向けて自転車のシェアサイクルを整備したり頑張ってる。
もちろんそういう表面のインフラを整備することも大切だけど、もっと根っこにある日本の良さを誇りに持つ国でありたいと思いますよね!!





Posted by ケンさん at 13:51│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
イタリア紀行② ~神の宿る地ローマと八百万の国 日本~
    コメント(0)