さぽろぐ

  ビジネス  |  札幌市東区

新規登録ログインヘルプ


2013年07月20日

今シーズンのお庭

今シーズンお世話になった庭です。
5月に施工してその後樹木や草花も新しい環境に馴染みつつあります。







両側をマウントして仕上げた小道は樹木が成長したときには雑木林を抜けてゆくイメージになってくれると思います。
そこを抜けた先には芝生と木々に囲まれた大きなウッドデッキがあり家族や友人と楽しい時間を過ごす場所です。
デッキの向こうには下川町の薬品を使わない枕木でつくられた通路がゾーンを分ける仕切りの役割も担い、キッチンから直接降りられるこの場所に家庭菜園スペース。向こうに見える白いパーゴラには2種類のブドウが植えられ、手前にはクラブアップル、アロニア、ブルーベリーと果実を食するものが植えられています。
いづれブドウはちょうど手を伸ばせば届く高さに実をぶら下げ、茂った葉が隣と目隠しの役目も果たしてくれます。

そしてライティング。
暖かい時期には夜でもデッキの上で時間が過ごせるように4基の庭園灯とライトアップするビームランプ3基をつけました。



庭はつくった時が新しい始まりです。
その先は自然の力に敬意を払いながら育ててゆくことになります。
当然そこには限界も。
このお庭でも芝生の面積、樹木の大きさ、広葉樹なのか常緑樹なのか、いろいろと相談させていただきました。
生き物を育てるのですから大変なこともあります。手のかかることが次々出てきます。
でもだからこそ時の流れ、季節の流れを身近に感じることができるんです。

いま日本でもおかしな犯罪が増えて、それがまだ未熟な子供に限らず立派な歳した大人にも及んでいます。
パソコンだネットだで外に出て土に触れる機会が減り、このはっきりとした四季があることが最大の魅力である日本に生まれた日本人がその四季を感じられずにいる。
その中で気づかないうちに少しづつ病んできていることの現れではないのかと自分は感じる時があります。

だからこそ自分はなるべく現代の生活の中に植物を持ち込みます。
大変なことがあってもそれと比べ物にならない大きな価値があると信じて。


あなたにおススメの記事


Posted by ケンさん at 13:07│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
今シーズンのお庭
    コメント(0)