さぽろぐ

  ビジネス  |  札幌市東区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2013年03月28日

東京探訪1 ~浅草~

先日久しぶりにゆっくり回った東京の様子を何回かで書いてみたいと思います。

行きの飛行機はJet Starでした。
初Jet StarでしたがCAさんたちもとても丁寧で格安でも問題なかったです。
ただ狭い・・・
体格の大きな人はエコノミー症候群に注意。



成田空港から都心へのアクセスも時間的には羽田よりややかかるけどさほど不便さは感じませんでした。
そのまま成田からのついでと思い浅草へ。
でも普段から曜日感覚のマヒしている自分はこの時も土曜日であることを全く考えず。
着いたらすごい人でした。







でも季節外れの桜が満開。
ついていましたface02





遠くには後日のぼったスカイツリーも。





浅草を歩いたのはいつ以来だろう?
20年近く経つんでないだろうか?

荷物もあってこの人だかりだったのでお決まりの煙を頭から浴びてお参りして帰りました。
次回は靖国神社参拝をお伝えします。

  


Posted by ケンさん at 15:16Comments(0)

2013年03月07日

植生技術講演会

植生技術講演会が本日かでる2・7でありました。
去年も出席しましたが毎回楽しい話題を提供してくれます。

今回は
 第1部 「ドイツ・フライブルク市のまちづくり」
 第2部 「東日本大震災を教訓とする今後の法面緑化」
というテーマでした。





第1部はドイツ在住の環境コンサルトの村上さん、第2部は帯広畜産大学教授の辻さんを講師に招いての講演でした。
内容もそうですが村上さんは自分と同じ年か1つ下くらいだと思うけどしっかり話すもんです。
まぁ自分がいつまでも成長しとらんだけで知らんうちにそういう歳になってるっていう方が正しいのかもしれませんけど。

このフライブルク市がドイツの中でも特に優れているとは言っていましたが、話を聞いていてやはり日本と比べた時に国としてのポリシーというか進むべき方向性にブレがなく、またそのことに対してきちんと国民のコンセンサスを得ているなという印象でした。

講演が終わった後たまたま同席したお世話になっている設計事務所の社長とコーヒーを飲みましたが、デザインにしてもまちづくりにしても今や環境のことを無視しては進まない時代にあって、今の縦割り行政ではとても対応していけないなということを話しました。
ヨーロッパではプロジェクトに対してふさわしい経験と知識を持った議員を国民が選出するそうです。
同時にふさわしくないと思う議員にはバツをつけるそうです。
国会になんもかんも集めて大勢でピーチクパーチクやってるだけではクオリティが上がるはずはないですよね。

講演の中でドイツでは街路樹はほとんど手を入れないという話がありました。管理費を抑えるためもあるけれどもその大きく育った樹木が環境に与える大きな効果をよく理解していることの表れでもあります。
ただその前にも大きな違いがあります。
電線の多くが地下に埋設されていることです。
いわば日本の街路樹は電柱と電線を隠す苦肉の策でもあり、それらの設備を管理するためには大きな街路樹は支障になります。もちろんちょっとした落ち葉や看板を隠すということでキーキー言う国民性の違いもありますが。

その地下埋設にならない最も大きな理由は縦割り行政にあります。
ガス管埋めるのに掘り返し、同じところに水道管埋めるのに別の工事でもう一度掘り起し、そこに一緒に電線を埋設することはなく山ほど電柱を建ててゆく。
それが今この国の税金を使って行われる公共工事の現状です。

民間の自分から変えられることって何だろう?

考えてます。みんなも一緒に考えません?

  


Posted by ケンさん at 20:42Comments(0)