さぽろぐ

  ビジネス  |  札幌市東区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2012年09月24日

現在進行中の庭づくり

今札幌の西区で個人宅の庭を施工中です。
個人宅といっても庭だけで300㎡くらいになるかな?広いです。

スタート前は本当の空き地。
というか雑草がすごくてラウンドアップ散布でまずは根から撃退。
そして草を刈った後の状態。
ようやくスタートライン。


そしてこれが今朝の様子。


庭らしくなりました。まだ途中ですけど。
常緑樹、広葉樹、果樹とともに灌木類と宿根草に張芝。


ここにはガーデンハウスが建ちます。建築はアーブの圓山さんです。
この時期樹木も品薄になってきていて、ニオイヒバの列植もあるのですが今の在庫から
無理やり選ぶのはやめて来春にしました。あせってもいいものできないしicon22

建築の絡みで張芝と草花の植え込みも一部来春なんでまとめてですね。

これでそれぞれの植物が充実してくると良くなると思います。
しかし毎回頭悩ますのは常緑樹の植え込み時期。
シーズン短い北海道では常緑樹の植栽適期ってのは1年の中で春先の半月と秋口の半月くらいしかないんですよ!
知ってました!?
まぁそれ以外絶対無理ってわけではないけど、落葉樹に比べて自己の調節機能が低いし何よりお値段も立派なものです。
なるべく冒険は避けたいよね。

今回はうまくその適期に合わせられたので順調に育つと信じよう!!
ん~ 完成が楽しみだface02

BGM:WHAT I CAN DO FOR YOU / Sheryl Crow  


Posted by ケンさん at 15:50Comments(0)

2012年09月02日

ヤナギ

環境 環境といわれてその動きはますます活発になっていますが、植物を使ってのプランニング
という仕事に携わっているとときどき ヤナギ の樹が頭に浮かびます。

下川町というところはバイオビレッジとしてゼロエミッションのまちづくりを目指しています。
ここの植栽計画では ハクロニシキ を緑の骨格の一つに提案させてもらっています。

このハクロニシキというのもヤナギの一種であり葉に斑がはいり景観的にも美しいうえ、成長が早く
植樹を進めているこのまちにふさわしいと感じています。

そういえば十勝千年の森でも多くの場面にヤナギが使われていました。









ここを主催する高野ランドスケープの高野さんとは旭川の駅前再開発のコンペでも
ご一緒しましたが、そういえばそこでもヤナギの可能性を熱く語られていたな~

写真にはありませんがキッチンガーデンの中で野菜の支柱としてもヤナギが使われ
ていました。
驚くことにただぶつ切りにして土に刺されたその支柱自体から葉が出ているんです!!
育てられた野菜のみならずそれを支える支柱までもが育っているって発想は斬新
ですよね。

時代の流れとともに求められる植生が変化していくというのはしばらく、もしかしたら永遠に
続きそうです。

勉強せねば・・・icon10

  
    BGM:EARTH SONG / Michael Jackson  


Posted by ケンさん at 08:44Comments(0)