さぽろぐ

  ビジネス  |  札幌市東区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2011年10月27日

天空の城ラピュタ

前回のブログでちらっと書きましたがこのタイトルのジブリ映画、自分にとってちょっと特別な映画です。

もともとは建築の方へ進むつもりで勉強していました。実際に建築の会社に勤めたこともあります。
まぁ そこでの生活は若くて世間知らずだった自分には強烈でした。

若いころは鼻っ柱も強くて社会だろうがなんだろうが自分が本気になれば誰にも負けんくらいの意気込みで建築会社(中小のゼネコン)に入社しました。
ところがところが箸にも棒にも引っかからないとはこのこと 竹ぼうきで現場中を掃除することから叩き込まれました。

自分が一番やられたのは本当に建築が自分に合ってるのかもわからない気持ちの中で、朝暗いうちから夜は遅くまでの生活が休みもほとんどなく続き、その内容といえばそうじ雑用から始まり高校中退した自分よりずっと若い子に命令され、それでも言い返すほどの知識も技術もない自分に愕然とするという 要は学生のボンボンした生活から初めて知った現実社会の厳しさに自分がパニクッたというだけのことですね。

そのとき4階建てのアパートを建てていましたが工事の敷地回りぐるりとブルーシートが張られます。自分はその工事が続いた間このブルーシートの上に見える空しか記憶がありません。
朝はまだ暗く、帰るときにももちろん暗く、休みはほとんどなく、たまの休みも疲れ果てて倒れてるかたまった雑用に追われて空なんか見る余裕はありませんでした。

いろいろかんがえましたね~

もともと北海道の生まれではない自分には相談できる人もあまりいませんでしたから。

前置きが長くなりましたが今は植物を相手に仕事をする道に移ったわけです。建築の世界では仕事そのものより、人相手で疲れ果ててしまったところもあったしもともと自然派なんで。

もちろん他にもいろいろありましたが自分の気持ちを少し違う方向に向けてくれたきっかけの一つがこの映画『天空の城ラピュタ』。



今更ストーリー説明する必要ないと思いますが要は人間の果てぬ欲望のあさましさと本当に大切なものが何なのかを考えさせるものですが、結局たくさんの人がいろんな思惑を持って競い合ってたどり着いた空に浮かぶ城ラピュタは、最後その人たちを振り落して空に舞い上がっていき話は終わりを迎えます。
そのときのセリフで
 
   結局 人は地面から離れては生きていけないんだ

というようなものがありました。な~んか 頭に残りましたね その頃の自分には。
ゴチャゴチャ考えるのやめて地面に足つけようと単純に思いました。

いや~ 根が単純なヤツで助かりました。

そんなこんなで飲み屋で知り合ったやつがたまたま造園のバイトしてたんで紹介してもらって飛び込むことになったわけですけど人生とは不思議なもの。
それから16年になるけど今は植物を使ってのまちづくりであったり、時には人づくりなんてことにも携わるようになってきましたが、ここにきてまた建築業界との付き合いが増えてきてるんですね。
建物だけでもまちはできないし、植物だけでもできない。両者が歩み寄らなければまちも人も育たないという意味では自然の流れといえるのかな。

おかげさまでみんなに感謝しながら今は楽しんで仕事させてもらってます。

感謝 感謝 face02


    BGM:Reasons / EARTH,WIND & FIRE  


Posted by ケンさん at 09:48Comments(0)

2011年10月21日

セントレア?セントーレア?

数日前に名古屋の中部国際空港にいました。



この空港の通称はご存じのとおりセントレア空港。この名前を聞くと自分はつい仕事柄植物のセントーレア(Centaurea)を浮かべてしまう。



植物の園芸種の多くが英語またはラテン語のものをカタカナ表記したものが多くセントーレアも本によってはケンタウレアと書かれてあったりします。
いづれにしても無理やり違う国の言葉に直しているので正解も何もないのですがそれに慣れているのもあってセントレア空港もセントーレアからセントレアになったのではないか 何か名古屋にはこの花とつながる縁があるのではないか などと飛行機の中で空想していました。

でもWikipediaみてたら
『英語で「中部地方」を意味する"central"と「空港」を意味する"airport"を組み合わせた造語』
だそうな。  な~んだ。

まぁ考えてみりゃ空港の愛称に一つの花の名前をピックアップして付けることもないか。

この飛行機が千歳空港に近づいて下降し始める時、いちめん真っ白な雲の絨毯でところどころ生き物のように盛り上がり、それはそれは素晴らしい景色だったんですよ!!
写真に撮りたかったけどカメラは上の棚に上げてしまってるしシートベルト着用のアナウンス流れてるしで撮れなかったface07

でもその雲の中に次第に飛行機が埋まってゆく様子はジブリ映画の『天空の城ラピュタ』を思い出しました。
実は自分が建築の世界から植物の世界に移るきっかけとなったひとつでもあるこの映画。
ま この話はまたにしてとにかく神秘的で感動モノでした。

でもそれだけ雲があるってことは気流が不安定でもあるってこと。
着陸まではなかなか素敵な揺れ方でした。

世の中いいことばっかは続かんね~


   BGM:MIRACLE / Doping Panda  


Posted by ケンさん at 16:17Comments(0)

2011年10月13日

秋の空と赤の軍団

数日前に定山渓での仕事をしてきました。

今北海道エネルギー(元ENEOSS)が定山渓に森をつくろうと植樹活動をしています。
社会貢献+自社の保養地ということでしょう 実際に今年から果樹やアカエゾマツの苗木を植えています。

ここのところ秋模様で天気もコロコロ でもこの日は真っ青の空の下で気持ち良く体を動かしました。





まぁ明るくてよく動く軍団でした。
社長にもお会いしたことはありますがどうやったらこれだけの人数を抱える巨大な組織をこんだけ明るく喜んで体を動かす集団にまとめ上げられるのか聞いてみたいですね。

燃料会社に入って自分の仕事を割り当てられて動いてる中に、樹を植える日が来るとは入社当初誰も考えなかったでしょうに。
それでもやるなら明るくという雰囲気は見ていて気持ちいいものがありました。

そしてこの秋空と葉の色を変え始めた山の景色。



幸せな仕事ですわ 我ながら。

それにこれだけの人数が集まると大概の仕事があっという間に 本当にあっという間に片付きます。
いろんな現場を見てきましたけど一つの作業にここまでの人数を集めたことなんてもちろんないので正直想像以上でした。

自分も今独立開業してやっていますが一人ですべての責任を背負ってやるのと、今回目の当たりにした組織力とのバランス。
いい仕事をしていく上ではどちらも必要不可欠なことで う~ん 考えさせられる。

ただ樹に関しては素人のこの軍団がすごい勢いで片づけていった仕事なのでとても細かいところまで目が行き届かなかった。ちゃんと育ってくれよ~

あとこの山の中なんで冬の間ネズミやウサギのごちそうになりそうな
なんか対策しないとね。

今年なんかはそれに加えてクマか 
植えた果樹の中にはおいしそうなクリが実をつけてるしな~


     BGM:GOT TO BE REAL / Cheryl Lynn

  


Posted by ケンさん at 10:04Comments(0)