さぽろぐ

  ビジネス  |  札幌市東区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2010年01月31日

都市計画学会

先日、北大で行われた都市計画学会に参加してきました。

地域主権、農村と都市とのつながり、交通計画から見るまちづくり といった事をキーワードに3人の講演がありその後意見交換がされました。



民主党に政権が移って毎日ニュースになっている中で、原口さんや橋本府知事なんかの発言と絡めての話は非常にタイムリーで面白いものでした。

一番おもしろかったのは交通というものは人を運ぶだけでなく、物資も運ぶ。
どのように産業が発展し経済効果を上げるかを考えないでする都市計画はいかがなものかという点でした。
さらに道庁職員も何人か来ている中できつい一言。

『金をもうけるということを考えるときに、きれいごとで手を汚さず生きているお役人さんには不向き。これからは脇役に甘んじなさい(もう少しオブラートに包んだ表現だったとは思うけど)。』

自分も公共工事にもたくさん携わってきました。
なかなかお役所さんの発想は’間違ってはいない’くらいのレベルのものが多いですね。
そのプロジェクトが失敗しても自分の財布が痛むわけでも、それで自分の立場が危ぶまれる危機感もないということがそうさせるのだろうけど。

それでもやはりお役所さんだからできる発想や、実行できるプロジェクトってのがたくさんあり、民間企業でやるにも結局資金的なものや法律の絡みで無理ということは多々あります。

民と官とそれぞれに役割がありそれは結構明確なんだけど、この国の縦割りとお役人さんのテンションの低さがそれをうまく連携させていない。

民間企業は今どこもギリギリだし、いまさらお役人さんに同じ目線まで降りて来いと言ってもしないでしょうし、その間に立って通訳する媒体が必要なのかもしれないですね。
民も官も話しやすく、聴きやすい誰かが。

こういった学会というものが一役買うっていいと思うんだけど。

学会にお集まりのみなさん どう思います?



   BGM:FRANKS THEME/Tom Waits  


Posted by ケンさん at 10:15Comments(0)

2010年01月22日

我が家のゼラニウム

冬真っ只中ですネ~

雪が降らないと言ってる矢先にドカ雪が降り、暖冬だと言いながらここ数日の冷え込み。
訳がわからん。

冬の間は事務所にいる時間も長く、勉強したり絵を書いたりの時間が増えますが、事務所に置いてあるゼラニウムを紹介。



シーズン中は戸外で管理していますが、11月終わりごろ一度寒さにあててから室内に取り込みます。

同じフウロソウ科でもゲラニウムなんかは越冬するのに、同じ科とか属って何を根拠に決めるんだろうか?

再び戸外に出す時もそうですが、当然大きく環境が変わるので適応するまでの間元気なく見えることもありますが毎年復活してくれます。

そして窓辺に置いてある今、見てください。
すべての葉が太陽に向かって広がっている様を!!

やっぱりお天道様は命の源だね。室内でゲームばかりやってる若者よ 外に出ろ!



夜間の冷え込みや暖房による乾燥で枯れ込む葉も多い一方で、この厳しい環境の中で新たに展葉する葉もたくさんある。

生命力の強さに感謝!
お天道様に日々感謝!


    BGM:HEALING IN HER HANDS/Papa Chubby  


Posted by ケンさん at 10:28Comments(0)

2010年01月12日

花と緑のまちづくり

明けましておめでとうございます。

年末年始にかまけて随分ブログをさぼってしまいました。
昨年1年はどうでしたか?

昨日の話ですが、さっぽろ花と緑のまちづくりのイベントの中のポール・ズミザー氏の講演を聞いてきました。



自分もよく知らなかったのですが楽しそうな人でしたね。もちろんガイジンです。イギリス人です。



向こうで勉強している中で日本の野草にはまってしまたそうです。
そしてこちらで風土に根付いた植物を優先して庭を作っているとのこと。

日本でイングリッシュガーデンにあこがれて一生懸命自分の庭をイギリスに近づけようとする人もいれば、イギリスで生まれ育ち逆に日本に魅せられて日本の植物の豊かさを伝えようとするイギリス人もいる。

色々ですね。

まぁ相手は自然なので何が正解ということは永遠にないですから。どんな形でも交流の輪が広がっていくというのはいいことですね。

しかし彼の話しぶりは壇上で話すという気負いがみじんも感じられず、リラックスして話す様子が聞いてる側にも伝染して全体にいい雰囲気でした。まぁ外人が話す日本語ということで聴く側も肩の力が抜けているというのはあったかもしれないけど、やはり彼の人柄ですね。
日本の役所の人が話すものとは恐ろしく違いました。

やっぱりユーモアって大事ですよ。

言ってることが正しいのかどうか以上に大切だと思いますね。
立場変われば見方も変わり、見方変われば正解も変わる。それは永遠に続きます。

でも立場違う人が意見を交わす時に、全員にユーモアの心があるかどうかで大きく結果は違うでしょうね。

不景気不景気言ってるこんな時こそ尚ユーモアの精神が地球を救うのかも。

いや~楽しかった。今年はどんな1年になるかな?


    BGM:YOU'RE SO FINE/Little Walter  


Posted by ケンさん at 11:48Comments(0)